FC2ブログ

2000年代の映画ベスト10

制作年順。


『歩みつつ垣間見た美しい時の数々』(2000/ジョナス・メカス)

『ギフト』(2000/サム・ライミ)

『ブリスフリー・ユアーズ』(2002/アピチャッポン・ウィーラセタクン)

『スパイダー/少年は蜘蛛にキスをする』(2002/デイヴィッド・クローネンバーグ)

『ビッグ・フィッシュ』(2003/ティム・バートン)

『エレニの旅』(2004/テオ・アンゲロプロス)

『アワーミュージック』(2004/ジャン・リュック・ゴダール)

『ブロークン・フラワーズ』(2005/ジム・ジャームッシュ)

『今宵、フィッツジェラルド劇場で』(2006/ロバート・アルトマン)

『我が至上の愛~アストレとセラドン』(2007/エリック・ロメール)


クリント・イーストウッド『グラントリノ』と迷って『ギフト』。
2001年9月が違った9月であったなら、との想いをめぐらせ。
スポンサーサイト



2009年の映画ベスト10

1監督1作品。(ビデオ上映あるが、一応)映画館でみたものから。

【封切】

『我が至上の愛〜アストレとセラドン〜』(エリック・ロメール)

『グラン・トリノ』(クリント・イーストウッド)

『アー・リバティー!』(ベン・リバース)

『リミッツ・オブ・コントロール』(ジム・ジャームッシュ)

『パリ・オペラ座のすべて』(フレデリック・ワイズマン)

『ダンプねえちゃんとホルモン大王』(藤原章)

『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』(ギレルモ・デル・トロ)

『リトル・モス』(パン・タオ)

『バッド・バイオロジー 狂った性器ども』(フランク・ヘネンロッター)

『パブリック・エネミーズ』(マイケル・マン)


【旧作初見】

『玄海灘は知っている』(キム・ギヨン)

『この手紙を読むときは』(ジャン=ピエール・メルヴィル)

『不戦勝』(イエジー・スコリモフスキ)

『無謀な瞬間』(マックス・オフュルス)

『乙女シリーズ その一 花物語 福壽草』(川手二郎)

『ヴァンサンは牧場にロバを入れる』(ピエール・ズッカ)

『怪談片目の男』(小林恒夫)

『処女の寝台』(フィリップ・ガレル)

『島の探求』(ルドルフ・トーメ)

『怪奇猿男』(マーシュイ・ウェイパン)

『アバター』

思想とかテーマを問う作品じゃないと思うが。

身体と精神、他者同士、異文化間、のコミュニケーションの問題があって。双子とか、パワードスーツとアバターの対比とかもあって。撒かれた種は魅力あっても、何も芽吹くことなく終わる。

大資本による侵略を挫いても、結局、主人公による侵略が肯定される物語。

大佐への復讐は映画的に共感しうるが、昨日まで仲間だった兵卒(の乗ったヘリ)を、あんな風に殺せるメンタリティは、あの部族が大切にしている想いに反さないだろうか。

その矛盾に立ち向かうのも映画の出来ることだと思う。

恋敵の若い部族リーダーを戦いの中で死なせるのも、その後の物語を描くのを放棄する為なんじゃないかと疑う。

あるいは、これが゛アメリカ゛ということか。

3Dが作品のフォーマットとして、ありなんだと思えるレベルまで来て、今。キャメロンは、もっと描くべきことがあったんじゃないか。最先端の技術のショウケースとしては長尺すぎたかも。予告のアリスで十分かも。

ルドルフ・トーメ 『島の探求』

ルドルフ・トーメ(Rudolf Thome)の『島の探求(Beschreibung Einer Insel)』をみる。1977/8年、西ドイツ映画。16mm、192分。共同監督 シンシア・ベアット(Cynthia Beatt)。映画研究・批評をしている赤坂大輔という人のレクチャー企画 New Frontier New Cinema、その1回目の上映作品。2009年11月17日(火)19:00-アップリンク・ファクトリー。

海外のTV放映を録画したビデオのDVD-Rコピー素材をアップリンクのビデオプロジェクターで(素材はトーメ本人から正式に送られてきたもの)。映画に過酷な条件ではあるが、遠く日本の観客としては得がたい機会。こうした形でも出逢いの場を用意してくれた関係者らの熱意には頭が下がる。

続きを読む

キム・ギヨン 『玄海灘は知っている』 原作本

キム・ギヨンの 『玄海灘は知っている』 をみて、気に掛かっているのだが、どうしても言葉にできない。ところで、原作が翻訳されていることを知る。購入する。

『玄海灘は知っている―阿魯雲伝』 著:韓 雲史/訳:村松豊功(角川書店)。

続きを読む

プロフィール

yurahatata

Author:yurahatata
http://twitter.com/yurahatata

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード